■ACC闇歩き講座第28回、陣馬高原月待ミッドナイトハイク

 闇に親しむ技術を身につけましょう。昔の日本人は暗闇に親しみ、暗闇で培われた五感で豊かな文化を創り出していました。闇を歩き、闇に浸ると、眠っていた五感が驚くほど高感度になって、自分も世界もすっかり変わります。

 朝日カルチャーセンター千葉の公開野外講座『闇を歩く』(講師:中野純)第28回は、5月20日土曜21時15分から「陣馬高原月待ミッドナイトハイク」です。例によって公開講座ですから、ACC会員でなくても、どなたでも参加できます。
 今回は、東京の高原で闇を浴びます。甲州裏街道から標高855m、360度の大展望の陣馬高原に登り、深夜の月の出を待ちます。
 スタート地点の西東京バス「陣馬高原下」バス停の標高は329mで、最高所の陣馬山は855m。昼間のコースタイムが3時間少々のハイキングコースを、休憩をたっぷりとりながら歩きます。
 高尾駅北口20時34分発「陣馬高原下」行きのバスに乗ると、21時11分ごろに終点の「陣馬高原下」に着きます。これが終バスですのでご注意ください。21日日曜早朝に、JR中央本線藤野駅で解散予定です。
 持ち物は、あまり明るくない懐中電灯(ヘッドランプはおすすめしません)、弁当、飲み物、雨着、タオル、好奇心など。ハイキングに適した格好でご参加ください。靴は履き慣れたものを。足首や爪先をしっかり保護するトレッキングシューズをおすすめします。
 受講料はACC会員4320円、一般4860円です。お申し込み、お問い合わせはこちらから。

大野山
闇歩き講座のようす(丹沢)


戻る


頭 頭頁に戻る


社紋
空
Copyright 2017 Sarusuberi, Inc.
有限会社さるすべり( 中野純 + 大井夏代 )